『右の売国、左の亡国』

第2部に収録された「さらば、愛の行為よ」では

わが国における少子化やセックスレスに関連した

さまざまなデータを紹介しました。

 

紙版のご注文はこちら!

電子版のご注文はこちら!

cover_ol

 

し・か・る・に。

大学時代の恩師、田中明彦先生が喝破したとおり

「物事は放っておけば必ず悪くなる」

というマーフィーの法則は

森羅万象あらゆるものに適用されます。

 

社団法人・日本家族計画協会は2002年いらい、

「男女の生活と意識に関する調査」を隔年で実施しているのですが

2004年の第二回調査より

セックスレスの夫婦の割合も調べるようになりました。

 

『右の売国、左の亡国』に載っているのは

執筆時点で最新だった2014年調査(第七回)の結果。

44.6%でした。

 

ところがこのほど、

2016年に行われた第八回調査の結果が発表されたんですね。

それによれば、セックスレスの割合は

さらに2.6%増加して47.2%!!

 

こちらの記事をどうぞ。

 

日本のセックスレス化は年々進んでおり、過去最多を記録し続けている。

避妊具の大手メーカーDurex社が2008年に公表した調査によると、

年間の性交回数は、ギリシャがトップで164回。

次いで、ブラジル145回、

ポーランド・ロシアが143回、

インド130回、

メキシコ・スイス123回と続く。

日本は年48回の週1回程度で、世界平均の103回の半分以下だ。

 

全文はこちらを。

 

セックスをする気にならない理由は

男性だと

仕事で疲れている 35.2%

家族(肉親)のように思えるから 12.8%

出産後なんとなく 12%

面倒くさい  12%

とのこと。

 

女性だと

面倒くさい 22.3%

出産後なんとなく 20.1%

仕事で疲れている 17.4%

家族(肉親)のように思えるから 8.2%

だそうです。

 

ここで目を引くのが

「家族(肉親)のように思えるから」という理由。

どうもこれは

「配偶者が母親(父親)のように思えるから」ということらしいのです!

 

ヾ(℃゜)々\(◎o◎)/セックス=近親相姦ってか?!\(◎o◎)/(゜ロ)ギョェ

 

いや、ホントなんですよ。

日本家族計画協会の北村邦夫理事長も

以下のようにコメントしています。

 

興味深い理由は『家族のように思えるから』だ。

子供が生まれるとパパ、ママと呼ばれる。

日本の特殊な習慣で、フランスのメディアからは『婚姻しても名前で呼び合え』と指摘された(。)

 

文脈からして

パパ、ママと呼びあうので

自分のパパ(ママ)としているような気になり

セックスをする意欲が失せる

としか解釈できないではありませんか。

 

とはいえこの解釈、

正直あまり説得力を感じるものではありません。

 

北村理事長も「日本の特殊な習慣」 と述べているように

子供が生まれたあと、

夫婦が互いの存在を子供の目線で規定しなおす

というのは、

セックスレスが増加する以前より行われていたからです。

 

となるとこれは

パパ、ママと呼びあうせいで、配偶者が親のように思えてしまう

のではなく

親から精神的に独立できずにいるせいで

パパ、ママと呼びあっただけで、配偶者に親のイメージを重ねてしまう

ということではないでしょうか?

 

私は『夢見られた近代』『震災ゴジラ!』

戦後日本は、アメリカから自立できないことのツケとして、

下の世代を精神的に圧殺する(=自立させない)道を選び、

それによって衰退・没落する恐れが強い

と論じてきましたが

この傾向がが本格的に顕在化してきたのではないか、ということです。

 

夢見られた近代

 

10182209_526133071b973

 

関連して興味深いのは

北村理事長がこうもコメントしていること。

 

女性にたいして

「セックスがなぜ面倒くさいのか?」

とたずねると

「面倒くさいといったら面倒くさい」

といった返事ばかりで

さっぱりラチが開かないのだそうです。

 

つまりは理屈抜きでイヤなものはイヤというわけですが

この返答、妙に子供じみていないでしょうか?

 

配偶者が親のように思えることと、

セックスをとにかく面倒くさく感じることは

どこかでつながっているのかも知れません。

 

ところで。

『右の売国、左の亡国』では

セックスレスをめぐる2004年と2014年のデータをもとに

この10年間に見られた増加率が

今後も変わらないと仮定するかぎり、

2024年にはセックスレスの夫婦が6割を超える

と書きましたが、

2014年と2016年のデータをもとにしても

だいたい同じ結果が出ます。

 

この二年間のうちに、セックスレスの比率は約6%増加しました。

(47.2÷44.6=1.058。小数点二位以下を四捨五入、以下同じ)

増加率が今後も変わらないと仮定しますと、

2018年におけるセックスレスの比率は50%となります。

 

2020年には53%。

2022年には56.1%。

そして2024年には59.5%!

 

2004年と2014年の比較をもとに算出した数値は62.4%でしたから

少しはマシと言えるのですが

真に重要なのは

どうもセックスレスについては、増加率を一定と考えて構わない

ということ。

 

その場合、2034年のセックスレスは

2年で6%増と計算しても8割、

10年で40%増と計算したら9割近くに達することになるのですよ・・・

 

ではでは♬(^_^)♬