佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
安倍総理がオレのことをノーベル平和賞に推薦してくれた! と自慢したことでも知られるドナルド・トランプ米大統領が 2月15日、メキシコとの国境沿いに壁を建設する件をめぐって 国家非常事態宣言に署名しました。   […]
アウフヘーベンマンこと藤井聡さんとの共著 『対論「炎上」日本のメカニズム』の第一章には ピザ屋の店員がピザ生地を顔に貼りつけ その様子をツイートした というエピソードが出てきます。   紙版のご注文はこちら! […]
グローバリズムには疲れたが、 ナショナリズムにも(じつはそれ以前から)疲れているという 慢性疲労ダブルバインドのもと、 ヨーロッパはあいかわらずガタガタしています。   幸福の黄色いハンカチ ならぬ 反乱の黄色 […]
ジョン・F・ケネディの名言に、こんなものがあります。   HE WHO HAS CHILDREN GIVES HOSTAGES TO FORTUNE. 子どもを持つとは、運命に人質を与えるということだ。 &nb […]
平成30年間は 新自由主義やグローバリズムの発想に基づく構造改革が繰り返された結果、 世界的な繁栄を誇っていたわが国が だんだんゆとりを失い、 低迷・衰退の道をたどった時代でした。   で、低迷・衰退を(主観的 […]
アメリカのポンペオ国務長官は2日、 1987年にソ連(当時)との間で結ばれた 中距離核戦力(Intermediate-range Nuclear Forces, INF)の 全廃条約について、 ロシアに破棄を通告したと発 […]
年配男性陣の自信喪失ぶりや自虐ぶりが目立った 新春キャスター討論 「転換期の日本〜私達はどう生きる?」につづいて チャンネル桜の討論番組に出ます。   今回は表現者クライテリオン・スペシャル。 題して「日本の自 […]
まずは27日の記事 「日韓関係が泥沼化する中、トランプが在韓米軍の削減・撤退に踏み切るかも知れない話」 で予告した 「FRONT JAPAN 桜」1/25放送回の最優秀認知的不協和コメント賞 について。   厳 […]
先週金曜(25日)、 「FRONT JAPAN 桜」をやってきました。 共演はおなじみ、佐波優子さん。   ロシア・ラブロフ外相の一連の発言や 22日に行われた安倍・プーチン会談を踏まえて、 現状では北方領土返 […]
宮崎駿監督の大ヒット作『千と千尋の神隠し』では 神々の世界に迷い込んだ少女・千尋が そこで巨大銭湯を経営する魔女「湯婆婆」によって 名前を「千」に変えられてしまいます。   これはじつに良くできたエピソード。 […]
今年4月から、働き方改革関連法が施行されます。 残業時間が規制されるので、 過度の労働に(少なくとも一定の)歯止めがかかる と期待される一方、 残業代が得られなくなることで勤労者の収入がさらに減少、 デフレ脱却がますます […]
2019年になっても ヨーロッパはガタガタしている感が濃厚。   まずイギリスでは明日(15日)、 EU離脱についての合意案が ついに議会(下院または庶民院)で採決にかけられますが 可決されると見ている者は あ […]