佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
われらが安倍総理は ドナルド・トランプがアメリカ大統領選挙に勝利したと知るや、 他国の指導者に先駆けてトランプ・タワーに参上、 次期大統領と会ってきました。 したたかな外交手腕と言うべきであります。   ただし […]
かのエドマンド・バークは 「フランス革命の省察」をめぐり、 フランスの国民議会議員フランソワ・メノンヴィルに こうコメントしています。   事態は日を追って収拾がつかなくなっている以上、 革命政府は唖然とするよ […]
畏友・中野剛志さんは かの「TPP亡国論」の巻末、 「おわりに」でこう述べました。   戦後日本の歴史において、 政府が強く推進し、 産業界が全面的に賛成し、 大手新聞やテレビがこぞって支持し、 アメリカが背後 […]
先週、ニューヨークはトランプ・タワーで アメリカ次期大統領ドナルド・トランプと 1時間半にわたって会談した安倍総理は 周囲にこう語ったと伝えられます。   会談は非常にうまくいった。 これは大丈夫だなと感じた。 […]
トランプタワーで行われた 安倍総理とトランプ次期大統領の会談は 具体的に何を話したのかはほとんど明かされていないものの けっこう国際的に話題となっている模様。   まあ、トランプ側にしてみれば 主要閣僚の人事だ […]
ドナルド・トランプの大統領選勝利、 別名「話が違うじゃないか!」当選(Ⓒ安倍総理)については イギリスのEU離脱、 いわゆるブレクジットにつづく 反グローバリズムの民意の高まりを示す出来事 と解釈されています。 &nbs […]
アメリカの偉大なSF作家フィリップ・K・ディックは1974年、 流れよわが涙、と警官は言った という長編を刊行しました。   ディックと言えば、あの「ブレードランナー」の原作者ですが 同作品の原作小説「アンドロ […]
「シン・ゴジラ」の時と同じく、 超遅ればせではありますが 「君の名は。」を観てきました。   最後に「。」をつけないと まったく内容の違う作品を指すことになるのが何ですが それは脇に置きましょう。   […]
アメリカ大統領選挙はご存じの通り、 ヒラリー・クリントンを破って ドナルド・トランプが勝利する結果となりました。   !!!!\(◎o◎)/まさかの大逆転\(◎o◎)/!!!!   今回の選挙について […]
山本有二農水相の 天然ボケ的サボタージュにもかかわらず、 TPPの承認案、および関連法案が 11月4日、 衆議院の特別委員会で可決されました。   政府・与党はつづいて アメリカ大統領選挙の投票日にあたる8日に […]
産経デジタルの総合オピニオンサイト 「iRONNA」に寄稿しました。 題して、 「暴走する朴槿恵のホンネとタテマエ 国政介入招いた『やりすぎ』の構造」   ご覧になりたい方はこちらをクリック。   朴 […]
仕事がちょっと立て込みまして 記事の間隔が空いてしまいましたm(_ _)m。 それはさておき・・・   TPPの承認案および関連法案が 今の国会で成立しそうな勢いになっています。   早くからTPPの […]