佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
昨日の記事 「デジタルとヴァーチャル、または誤った二分法」 について GUY FAWKES さんが寄せてくれたコメントに、 こんな一節がありました。   「世界が進歩したのは、怠け者がもっと簡単な方法を探そうと […]
チャンネル桜の番組 「安倍マリオとポケモンGOの現実と非現実」、 いかがでしたか。   動画をご覧になりたい方はこちら。   安倍総理がらみの話題では 私が批判的で、水島社長が肯定的というのが これま […]
今日は日本文化チャンネル桜の番組 「Front Japan 桜」に出演します。   スカパーでの放送は20:00〜21:00。 その後、YouTubeでも配信されますので ぜひご覧ください。   話題 […]
昨日の記事 「表現者シンポジウム、大盛況でした!」でご紹介した評論 「少女と戦後の精神構造」に関連して。   掲載号はこちら(↓)。   スタジオジブリ作品には 女性の原作を好んで取り上げながら 監督 […]
8月20日(土)に開かれた 表現者シンポジウム、 おかげさまで大盛況でした。   まずは西部先生が基調講演で 以下のように問題提起。   先ごろ、陛下が表明されたお気持ちは 譲位を望まれていると解釈し […]
一昨日、そして昨日と、 ドナルド・トランプが大統領選で陥った「大脱線」の模様を見てきました。   だとしても、戦死者の遺族への批判が、 なぜこんな大トラブルに発展したのか。 いやそもそも、 「戦死者の遺族を批判 […]
昨日の続きです。 民主党大会で自分を厳しく批判したキズル・カーンさんにたいし ドナルド・トランプは真っ向から噛みつきました。   それも 私と直接会ったこともないカーン氏に 私をあれこれ批判する権利はない とく […]
ご存知のとおり、ドナルド・トランプは ポピュリズム的な色彩の非常に強い人物。   7月21日に行った共和党大会での候補指名受諾演説では、 聴衆に向けてこう断言しました。   私は君たちの声そのものだ! […]
世の中を上手に治め、 人々が豊かで幸福に暮らせるようにすることこそ、 あらゆる政治の目的です。 つまりは経世済民の達成。   豊かで幸福に暮らすなんてイヤだ!  という人もいないでしょうから、 これは民意を満た […]
モーターボート競走(競艇)の産みの親である 笹川良一さんについて こんなエピソードがあります。   笹川さんは戦前、国粋大衆党という組織を率いて 愛国運動をやっていました。   で、日中戦争のさなかの […]
わが国において8月前半は 戦争の悲劇を振り返り、 平和への想いを新たにする日々 と相場が決まっています。   とくに広島への核攻撃が行われた8月6日から ポツダム宣言受諾が公表された8月15日まではそう。 &n […]
一昨日の記事 「最も恐怖を味わう瞬間、またはカラスとフクロウ」 で取り上げた某アクション時代劇は 映像表現の追求において安直、 ないしテキトーだったわけですが・・・   言葉をいい加減に扱った映画というのもあり […]