佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
いわゆる左翼・リベラルのみなさんは、 日本を戦前に逆戻りさせようとする動き なるものを想定し、 それに反対することを非常に好みます。   いや、 日本を戦前に逆戻りさせようとする動き に反対することこそ、 少な […]
アメリカのSFテレビドラマ 「トワイライトゾーン」は みなさまも多分、ご存じでしょう。   1959年〜1964年にかけて放映され、 高い人気を得た一話完結のシリーズ。 1983年には映画版がつくられ、 198 […]
昨日の記事 「トランプ就任式の『柔らかい官能』」でも紹介した イギリスの作家J・G・バラードは こんな名言も残しています。   Today, the most prudent method of dealing […]
20世紀イギリスが生んだ 偉大な作家の一人であるJ・G・バラードは、 セックスにテクノロジーを掛け合わせると未来になる という名言を残しました。   数式の形で表現すれば セックス×テクノロジー=未来。 &nb […]
いわゆる慰安婦問題を 最終的かつ不可逆的(※)に解決すると謳った かの日韓合意。   (※)この言葉についても「政治経済用語辞典」で 本当の意味を暴露、いや定義します。   しかし実際には 最終的にか […]
2013年9月、 ニューヨーク証券取引所におけるスピーチで 安倍総理はこう述べました。   私は、日本を、 アメリカのようにベンチャー精神のあふれる、 「起業大国」にしていきたいと考えています。 規制改革こそが […]
スティーブン・キングは 出世作「キャリー」が映画化されたときのことについて 面白いコメントをしています。   ブライアン・デ・パルマ監督による 映画版「キャリー」は大ヒットしたのですが キングが映画の成功を確信 […]
2017年、 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。     すでに予告したとおり、 今年はまず16冊目の本(単著)がアスペクトから出ます。 「政治経済用語辞典」が収録さ […]
12月24日付の記事 「ブルークリスマス、または血が青かったら何なのさ」 でも書きましたが、 世の映画の中には 作品自体はイマイチだが、サントラ(つまり音楽)は素晴らしい という例が少なからずあります。   思 […]
おかげさまで 16冊目の本の仕上げ作業も 年内にすませるぶんは昨日で終了。   この本には巻末付録として おなじみ「政治経済用語辞典」が収録されます。   二段組みですが、項目数が多いため けっこうな […]
ここ数日、 16冊目の本 (来年初めに出る単著のほう)の仕上げ作業に没頭しています。   タイトルを書かないのは 単にまだ正式決定していないためであり それ以上の理由はありません。   むろん仮タイト […]
12月17日、 月刊三橋・三橋経済塾合同のシンポジウム&大忘年会に ゲストとして行ってきました。   先週はたまたま左足が痛くなり、 大丈夫かな・・・と思ったりもしたのですが、 おかげさまで当日は調子もよく、 […]