佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
昨日の記事 「米兵が見えなかった女、または北條すずのアイズ・ワイド・シャット」 に関連して、 ある親しい友人から お前の言う通りだ、 ついでにアイズ・ワイド・シャットにはこんな例もあるぞ! というURL満載のメールをもら […]
何かを見る、というのは ただ目を開いていればできるわけではありません。   スタンリー・キューブリック監督の 遺作となった映画のタイトル 「アイズ・ワイド・シャット(目を大きく開いたまま閉じる)」 ではありませ […]
財政政策と関連してよく用いられる言葉に ワイズ・スペンディングがあります。   「賢くカネを使う」ということですが 要するに不況対策で財政出動するときは 将来的に利益や利便性をもたらすなど、 経済への刺激効果が […]
8月6日の記事 「前衛の宿命、それは自己絶対化である」では いわゆる「前衛」の特徴について考察しました。   ここでいう「前衛」の定義はこうです。 いかなるイデオロギーを信奉するかとは関係なく、 自分たちこそは […]
どうも最近は、 ポップカルチャーに大きな足跡を残した方が次々と亡くなられています。   「機動戦士ガンダム」の音楽を担当された松山祐士さん。 現代ゾンビ映画の生みの親ジョージ・A・ロメロ監督。 アメリカの劇作家 […]
8月6日の記事 「支持率回復と倒閣運動、または前衛の意味」では DANIEL さんの質問に答えて 「前衛」という言葉の意味を解説しました。   人間社会のあり方を より良い状態をめざして行進を続ける巨大な軍隊の […]
6月から急落していた内閣支持率ですが 8月3日の内閣改造を受け、 とりあえず多少持ち直した模様です。   具体的には 毎日新聞(8月3日・4日実施)・・・35%(+9%) 記事はこちら。 共同通信(実施日不明、 […]
ネットに傑作な記事が出ていました。 いわく。   AIが「共産党は無能」と批判=中国ネット大手、サービスを停止―香港紙   中国にテンセント(騰訊)というIT企業があります。 テンセント自体は持ち株会 […]
本日、安倍総理は内閣改造と、 自民党の党役員人事を行います。   都議選で大惨敗を喫し、 支持率も急落した現在、 ここでコケたら後がありませんので まさに背水の陣。   どんな顔ぶれになるかをめぐって […]
安倍内閣のワケワカ、 じゃなかったワンダーウーマンとして名高い 稲田朋美防衛大臣が 7月28日、辞任しました。   例の南スーダンPKO日報問題が 泥沼化したことにたいして、 責任を取った、 もしくは取らされた […]
『対論「炎上」日本のメカニズム』の第三章において 藤井聡さんは 炎上では何らかの「不都合な真実」が必ず隠蔽されるため 当の真実が明るみに出そうになるや それを無理やり抑えつけようとする動きが表れる と論じています。 &n […]
7月24日の記事 「日本国民は安倍総理を裏切ったらしい\(◎o◎)/」でも述べたとおり 国民の支持を失いつつある政権を あまり擁護しようとすると 現政権を支持するのは国民の義務であり 不支持に回るのは「裏切り」「謀反」で […]