佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
アメリカ共和党全国大会で ドナルド・トランプが大統領候補として正式指名されました。   これを受けてトランプは 約1時間15分の演説を披露。 全編見ましたが、なかなかの名調子です。   ご覧になりたい […]
7月20日の記事 「増税を肯定する民意」では、 最近行われたFNNの世論調査において 2019年の消費税10%引き上げに賛成する者が50%を超えた ことを紹介しました。   しかるに同じ調査では 現政権の経済政 […]
いわゆるアベノミクスは 少なくとも今までのところ、 予想、ないし期待されたほどの成果を挙げていません。   自民党みずから まだ道半ばと言っているくらいです。   しかるになぜ アベノミクスは十分な成 […]
先週いらい、 記事の更新がストップしていました。 これには理由があります。   親族が手術を受けることになり、 準備や手続きに追われていたのです。   おかげさまで手術は成功。 ただし日程の兼ね合いで […]
参院選の結果は、 例によって自民党勝利となりました。   改憲をめざす勢力が議席の2/3を獲得するのも 確実ではないかと思われます。   いよいよ、戦後の終わりが見えてきた・・・ という感じですが、 […]
参院選の投票日も いよいよ明日となりました。   情勢は(例によって)自民優勢とのことで、 改憲勢力が議席の2/3を取るかも知れない と取りざたされています。   改憲を主張する勢力が 衆議院と参議院 […]
今日は7月4日。 アメリカ独立記念日であります。   独立を宣言したのが1776年ですから ちょうど240年ということに。   同国がイギリスから独立を勝ち取った戦争は 日本では「独立戦争」と呼ばれま […]
早いもので2016年も 後半に入りましたが・・・   PHP研究所より発売されている 『新訳 フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』が おかげさまで増刷となりました!     これ […]
イギリスのEU離脱は あいかわらず世界中を騒がせています。   国民投票後、 離脱派が公約をひっくり返すような言動をしたこともあって 同国内のゴタゴタは なかなか収まりそうにありません。   EUはE […]
ご存知のとおり、 イギリスが国民投票によって EUからの離脱、 いわゆるブレクジットを決定しました。   1990年代ぐらいから 世界各地で強まっていたグローバリズムにたいして ノーを突きつけたわけです。 &n […]
2015年4月、 「セシウムと少女」という映画が公開されました。   この作品、 昨年3月14日のブログでも紹介しましたが ふゅーじょんぷろだくとという会社を主宰する 才谷遼さんの初監督作品。   才 […]
さる6月16日、 「表現者」67号がMXエンターテインメントより発売されました。     「日本共産党とは何ものか」なんて、 共産党自身も説明に困るような特集テーマではないかと思いますが、 それはさて […]