佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
おなじみ北朝鮮が 5月21日の午後5時ごろ、 またまたミサイルを発射しました。   同国西部の平安南道・北倉(プクチャン)から 発射されたミサイルは 約500キロ飛行したのち、 日本海に落下した模様。 前回、5 […]
ハロルド・プリンスという 舞台演出家/プロデューサーをご存じでしょうか。   通称「ブロードウェイの伝説」。 1950年代から演劇の仕事を始め、 かの「ウェストサイド物語」では プロデューサーの一人に名を連ねま […]
先週の日曜、5月14日の早朝に 北朝鮮が弾道ミサイル発射を行ったことは みなさんもご存じでしょう。   首相官邸の発表や報道によれば、 ・ミサイルの発射地点は、同国北西部の平安北道・亀城(クソン)。 ・東北東へ […]
きたる6月20日に刊行される 藤井聡さんとの共著 『対論 「炎上」日本のメカニズム』 (このタイトルで決まりのようです) について、 仕上げ作業に追われていたら ふたたび記事の間隔が空いてしまいましたm(_ _)m。 & […]
2011年、神社本庁があるポスターを制作しました。 目を閉じて微笑んでいる女性の顔をとらえた白黒写真のバックに 日の丸をあしらったもの。   コピーいわく。 私 日本人でよかった。   ポスターの下に […]
5月10日の記事 「先入観を大事にするとは」では エドマンド・バークの名著 「フランス革命の省察」に登場するフレーズ イギリス人は prejudice を大事にする について取り上げました。   同書の日本語版 […]
4月11日の記事 「戦後日本の論理的帰結、またはシンガポールへの道」 に関連して、 玉田泰さんから、こんな質問が寄せられました。   「安倍でもわかる保守思想入門」読了しました。 福田恆存氏を知るきっかけを得ら […]
5月6日の記事で取り上げた 「風が吹くとき」ですが アニメファンならずとも、 これを聞いたら、思い起こすタイトルがあるはず。   そうです。 2013年に宮崎駿さんが監督した 「風立ちぬ」。 公開当時は引退作品 […]
北朝鮮情勢の緊迫を受けて 政府が「国民保護ポータルサイト」に掲載した 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A については、 すでに4月24日のブログで紹介しました。 ご覧になりたい方こちら。   で、このQ&A […]
6月に文春新書より刊行される予定の 藤井聡さんとの共著 「炎上するニッポン」(仮)が仕上げ作業に入ったこともあり ブログがちょっと空いてしまいましたm(_ _)m。   前にも書いたとおり 本のクライマックスと […]
昨日の記事 「中国は米ロ双方と手を組む、のかも知れない」でも ちょろっと取り上げた 今村(前)復興相の 「東北で良かった」失言事件ですが・・・   なんというか、 しょうもない話としか評しえません。   […]
人間のホンネというものは 正面切った言動よりも 何気なく飛ばした軽口や冗談、 つい口走ってしまった失言、 あるいはうっかりやらかしたミスなどに よく出てしまうことが多い。   正面切った言動の場合、 体裁を保た […]