佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
1989年、 「グランドホテル」というミュージカルがブロードウェイで上演されました。 原作は1929年に発表された オーストリア出身の女性作家ヴィッキー・バウムの小説 「MENSCHEN IM HOTEL」(ホテルの人々 […]
3月23日の記事では GUY FAWKES さんのコメントをもとに 「戦後ニッポン三原則」を提唱しました。   この原則、 タテマエ版(ないし左翼・リベラル版)と ホンネ版(ないし保守版)という 2つのバージョ […]
3月24日の記事 「矛盾に満ちた戦後保守の『ゴマカシ』を暴く籠池証言のインパクト」では 例の森友学園騒ぎをめぐる私の論考について 産経デジタル「iRONNA」編集部が 私が当初つけたものと比べても 保守批判の要素を強く持 […]
例の森友学園をめぐる騒ぎは 籠池泰典理事長(※)が国会で証人喚問される という事態にまで発展しました。 (※)3月10日に辞任の意向を表明していますが、 まだ正式に辞任していないようなので、こう呼びます。   […]
3月19日の記事 「ILC/TOHOKU、または国際リニアコライダーとSF」について GUY FAWKES さんより寄せられたコメントに 戦後日本三大原則として 以下が記されていました。   1:日本は世界(米 […]
中野剛志さんが 「左亡右売という四文字熟語を思いついた」 旨をコメントし 水島社長も 「ぜひ読んでほしい」 旨を語った 『右の売国、左の亡国 2020年、日本は世界の中心で消滅する』。   本の目玉の一つとなっ […]
世界初のSF雑誌 「アメージング・ストーリーズ」を1926年に創刊した ヒューゴー・ガーンズバックは もともと無線機の販売をしていたこともあって、 科学知識の啓蒙に関心が強い人でした。   ガーンズバックは19 […]
チャンネル桜の「闘論! 倒論! 討論!」は みなさまもよくご存じでしょう。   3時間のワイド討論番組ですが 惜しむらくはパネリストが多すぎるきらいがあること。   出演者の基調発言が一巡するころには […]
2016年の日本で話題になった映画の一つと言えば 「シン・ゴジラ」。 興業収入のほうも85億円の大ヒットとなりました。   しかるにゴジラと言えば ハリウッド版もつくられるほどの世界的な人気キャラ。   […]
「敵への心理的依存と思考停止に関する平松テーゼ」Ⓒは みなさん、すでにおなじみでしょう。   自分(たち)よりも明白に劣っている存在、 ないし 自分(たち)と違って、明白に間違っている存在 を設定し、 ○○だか […]
今年も3・11がめぐってきました。 早いもので、あの震災から6年となります。   というと、かなり時間が経ったような印象もありますが 復興はまだ十分ではない模様。 この記事をどうぞ。   復興「202 […]
『右の売国、左の亡国』の 第2部に収録された「さらば、愛の行為よ」では わが国における少子化やセックスレスに関連した さまざまなデータを紹介しました。   紙版のご注文はこちら! 電子版のご注文はこちら! &n […]