佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
21日の「おはよう寺ちゃん 活動中」に続いて 本日は「FRONT JAPAN 桜」に出ます。 共演は saya さん。   珍しくメガネ姿で、 服装も学級委員長か教師か、という感じ。   前回はこれで […]
記事タイトルのフレーズをご存じの方は かなりのロック好きのはず。   イギリスのミュージシャン、ジョン・ケイルの 「銃」という歌の一節です。 1974年に発表されたアルバム「恐怖」に収録。   ケイル […]
2月15日の記事 「保守主義者が自殺する条件、またはプラグマティックな死と生のあり方」 に関連して、 西部先生のどんなところを偉大と思うか という質問がありました。   簡単にまとめれば、 1)時流に迎合せず、 […]
先週のチャンネル桜 「闘論! 倒論! 討論! 追悼 西部邁と日本」 でも述べたとおり 西部先生の最期が自殺という形を取ったことについて 私は正直、 保守主義者としての思想的破綻だと思っています。     […]
オリンピック大会は 都市が開催するというタテマエこそ残っているものの、 実際には国威発揚の場となって久しい。 強い選手を多数擁する国は強い、というわけです。   しかるに「国の強さ」と もっとも直接的な形で結び […]
「FRONT JAPAN 桜」、 いかがでしたか。     ちなみに昨日は 「闘論! 倒論! 討論! 追悼 西部邁と日本」 の収録も行われましたので、 ずっと桜にいました。   「追悼 西部 […]
文春新書から出ている 『対論「炎上」日本のメカニズム』の第一章で、 藤井聡さんは炎上の例として こんなものを挙げています。   紙版のご注文はこちら! 電子版のご注文はこちら!   某ピザ屋の店員が […]
まずは今週のメディア出演告知から。 明日、2/7は いつも通り「おはよう寺ちゃん 活動中」に出ます。     つづいて2/9は「FRONT JAPAN 桜」。 共演は佐波優子さんです。   […]
さて、 2月2日の話の続きです。 PART1の内容を要約しておけば、以下の通り。   1)2017年12月1日の早朝、沖縄市は沖縄自動車道で、車数台がからむ事故が発生した。   2)その際、米海兵隊の […]
昨日の記事 「勝手にふるえてろ、または絶滅危惧種(←日本人)の暴走する自意識」 では、 大九明子監督の映画『勝手にふるえてろ』を取り上げました。 映画の公式サイトはこちら。   そして劇中、面白おかしく描かれた […]
昨日、 新宿はシネマカリテで 大九(おおく)明子監督の「勝手にふるえてろ」を観てきました。 映画の公式サイトはこちら。   「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」にしようかとも思ったのですが 1)2月いっぱいぐら […]
2015年1〜2月に ウルトラマン・スタンプラリーを開催した JR東日本が 今度は機動戦士ガンダム・スタンプラリーを開催中。 期間は1月9日〜2月27日です。   (↓)スタンプ台紙。「行きまーす!」と書いてあ […]