佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
本年8月21日、 ブログ記事「北方領土問題は着実に進展しています。ただしロシアの都合に合わせて」で、 5月の安倍・プーチン会談が 北方領土問題についてはロシア側のやらずぶったくりに終わった ことを指摘しました。 &nbs […]
改革を推進したがる人々が 問題点を指摘されたとき しばしば使う返答に うまく行かなかったら、また変えればいい とか うまく行かなかったら、元に戻せばいい というのがあります。   しかし1776年、 トマス・ペ […]
タコ:頭足綱、鞘型亜綱、八腕形上目のタコ目に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。 淡水に棲息する種は知られていない。 ──ウィキペディアより   前回の記事 「愛国心の否定、歴 […]
人間が何か言われて感情的になるのは 痛いところを突かれたときと相場が決まっています。   たとえば2014年、 安倍総理の言葉の使い方にはかなり問題があるのではないか と指摘した際、 かなり感情的に反発した人物 […]
昨日(11/9)は「FRONT JAPAN 桜」を おなじみ佐波優子さんとやってきました。   まず冒頭では 『平和主義は貧困への道』プロモーション動画を全編紹介。   「見たら、もう読むしかないわよ […]
ご存じの方も多いでしょうが われらが安倍総理は 総理大臣の役職について 「行政府の長」ではなく 「立法府の長」と言ってしまうクセをお持ちです。   で、先週もやっちまったんですな。 どうぞ。   安倍 […]
『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』 プロモーション動画の全長版が配信されました!   発売から50日となりましたが、おかげさまで好調です。 まだ読んでいないあなたはこちらをクリック! &nbs […]
好評発売中の『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』、 プロモーション動画ができあがりました!   「それはまあ、このアタシがカバーを飾っているんだものね」(※)お姉さまの発言です。 納得したあなた […]
私の少年時代、 つまり1970年代ですが ハロウィンはわが国ではほとんど知られていませんでした。   キディランド原宿店はこのころから ハロウィン関連商品を販売していたようですが 同店が販促のために日本初のハロ […]
国内ではナショナリストのイメージが強い安倍総理ですが じつは海外に行くと とかく自由主義的、 ないしグローバリズム的なキレイゴトを前面に押し出す傾向が強い。   その結果、 自国の利益を抜け目なく追求する他国首 […]
『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』 について興味深いのは 読んでいて絶望的になってくる というコメントをけっこういただくこと。   刊行前の7月、 第一章のサワリにあたる内容を 三橋貴明さんの […]
さる19日に開かれたトークライブ 「勝手にしやがれ! 天下国家 Vol.4 HEY! SAY NOTHING!!」 おかげさまで大盛況でした。   参加者も着実に増加、 主催のカルティベイトの会も喜んでいます。 […]