佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
ネットで面白いブログ記事を見つけました。 いわく。   【アベ政権が続いたら】 「2021年戦争開始で今中2の子は18歳で戦死の可能性」by後藤弁護士   この「後藤弁護士」がどういう方かは存じません […]
9月22日の記事 「シン・ゴジラ観てきました。」について、 青さんから面白いコメントがありました。   いわく。   僕がシンゴジラを見て気になったのは、 主人公が「日本はスクラップ&ビルドで成長して […]
ご存じのとおり 2012年以後のわが国では 安倍応援団なる人々の存在が確認されています。   「右寄り」と見なされた 政治家や文化人がとくに認定されやすい。   しかし!   自民党の高村副 […]
頭に「超」がつくくらい 遅ればせではありますが、 ついに、 ようやく、 「シン・ゴジラ」を観てきました。   ご存じかもしれませんが ゴジラとは ちょっとばかりご縁があります。 (↑)この本のタイトルから「災」 […]
ワカスミさんの質問に 2回にわたってお答えしたわけですが・・・   今日はさらに話をちょっと発展させます。   「保守思想に基づく『大人』の条件(1)」(9月15日)では、 「子供の態度」について次の […]
さて、ワカスミさんへのお返事 後編となりますが・・・   その前に気づいたことをひとつ。 前編では「子供の態度」について 次のように規定しました。   1)相反すると通常見なされる価値が、つねに相反し […]
9月13日の記事 「世間的価値観へのチープな反抗、またはうわべだけのツッパリ」 について、 ワカズミさんから、こんな質問がありました。   まず、井上氏(注:井上ひさしのこと)の言葉にあるように、 異なる価値同 […]
福田恆存さんの名言に 偽善は大人のすることで 偽悪は子供のすること というのがあります。   なぜか?   偽善をする人間には 自分を実際より善良に見せないと 悪いヤツと思われるかも知れないという気持 […]
さる8月20日に開催され 大好評だった表現者シンポジウムの様子が、 TOKYO MX テレビ「西部邁ゼミナール」で 三週にわたって放送されるのは すでにお知らせしたとおり。   「西部邁ゼミナール」は目下、 毎 […]
9月6日の記事 「これは全てアメリカのせいだ(笑)!」について こんなツイートをいただきました。   これは便利な言葉で…(笑) 戦後は特に何にでも使えそうなネタです。 絶対にあり得ませんが、アメリカ自身が こ […]
川津祐介さんという ベテラン俳優がいらっしゃいます。   ご本人のブログ 「川津祐介の神住まう家」 にあったプロフィールによれば、 正式な肩書は 1.俳優 2.陶芸家 3.画家 4.料理研究家 5.正農塾用務員 […]
ネットでこんな記事を見つけました。   金正恩氏が激怒した北朝鮮庶民のジョークとは?    なんでも同国では目下、 国家安全保衛部(つまり秘密警察)が 国民にたいして 「内部の不純分子の敵対行為に警戒 […]