佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
5月30日の記事 「オバマ広島訪問と戦後脱却」では 核廃絶論者であるアメリカのオバマ大統領が 現職の大統領としては初めて広島を訪れたことを取り上げました。   この訪問からは 1)日米両国が、原爆投下という過去 […]
まずはお知らせから。 ご好評いただいています 『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』について 電子版が発売となりました!     未読の方はぜひどうぞ! ご注文はこちらから。 紙版はこちらにな […]
伊勢志摩サミットやら オバマ大統領の広島訪問などが話題になる中、 こんな記事がありました。   米大統領選 トランプ氏支持率、クリントン氏を初リード http://mainichi.jp/articles/20 […]
5月23日の記事 「【新訳】消費増税の省察」に、 福岡ワマツさんから以下のコメントがありました。   最近メディアから伝わる情報に接する際に、次の言葉をよく想起します。 それは『羊頭狗肉』。 この言葉は、「店舗 […]
昨日の記事 「増税を急ごうとする意識」では 消費増税をめぐる 国民の不透明感なるものを払拭するために 予定通り10%引き上げを行うべきだ、という 「アベノミクスを成功させる会」会長 山本幸三議員の主張をご紹介しました。 […]
自民党の議員連盟 「アベノミクスを成功させる会」が 5月20日、総理に提言を行いました。   向こう3年間で 37兆円規模(熊本地震への対策費を含む)の財政出動を行うかわりに 来年4月、 予定通りに消費税を10 […]
アメリカの黒人解放運動における 重要なリーダーのひとり マルコムXは、 かつてこんな趣旨のことを語りました。   われわれはこの地上で人間として生きる権利があることを宣言する。 そして社会が今すぐ、われわれを人 […]
5月11日の記事 「安保条約をよく読むと」でも取り上げましたが アメリカ大統領選挙の有力候補ドナルド・トランプは、 わが国にたいして 在日米軍の駐留費用の全額負担を求め、 それに応じなければ撤収を検討すると発言しています […]
昨年10月7日の記事で 「驚異の論理相似形」というのをやりました。   週刊文春がときおり組むグラビア特集に 「顔面相似形」があります。 容貌の似ている者同士 (ただし人間とは限りません)について 写真を並べて […]
アメリカのカルト悪役俳優、 デイブ・ベッシオさんが ツイッターで良いことを言っています。   ベッシオさんのプロフィールについては 2014年10月4日の記事 「アメリカの悪役俳優との会話」でご紹介しましたので […]
本日もドナルド・トランプがらみの話題でまいります。   「アメリカ第一」を説くトランプですが、 5月4日のCNNインタビューでは 自分が大統領になったら 日本に在日米軍駐留費用の全額負担を求め、 それに応じなけ […]
シンセサイザーを使った作品で有名な 作曲家・冨田勲さんが死去しました。 ご冥福をお祈りいたします。   今年は1月のデイヴィッド・ボウイを皮切りに、 ジョージ・マーティンやプリンスなど 音楽業界で大物が次々に亡 […]