佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
みなさんご存じのとおり、 戦後日本型の平和主義は貧困への道です。 ついでに少子化への道でもある。   そして、 平和主義のもとで経世済民をどうにか達成しようとすると 対米従属への道が待っていたりするんですな。 […]
かのトマス・ペインは 『コモン・センス』でこう喝破しています。   貴重な教訓というものは、えてして敵の言動の中に見出される。   本書201ページより。   ご注文はこちらをクリック。   […]
グローバリズムには疲れたが、 ナショナリズムに回帰するのも疲れそうだ。 新自由主義には疲れたが、 積極財政の大きな政府に戻るのも疲れそうだ。   2010年代末の世界の状況を要約すれば こうなるのではないかと思 […]
昨日の記事 「ポスト・グローバル人材の愛のかたち、または性行動における『新自由主義疲れ』」 では、 わが国の青少年(中学生〜大学生)に見られる性行動、 早い話がデート、キス、性交の経験率の変遷を取り上げ それが新自由主義 […]
ご好評いただいている 『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』 目下、AmazonではKindle版がセール価格で手に入ります。   しかるにこの本について、 じつに傑作なコメントが出ました。 &n […]
11月30日〜12月1日にかけて ブエノスアイレスでG20首脳会合が開催されました。   G20自体のテーマは 発表された共同宣言の第2項によれば (1)将来における「仕事」のあり方 (2)発展のためのインフラ […]
早いもので、今年も12月となりました。   先の金曜日、11月30日には 久しぶりに銀谷翠さんと『FRONT JAPAN 桜』を。 動画をご覧になりたい方はこちら。   他方、 中野剛志さんが10月に […]
2025年の国際博覧会(万博)が 大阪で開催されることになりました。   1970年に開かれた前回の大阪万博、 2005年の愛知万博(愛・地球博)につづく、 国内3回目の大規模な国際博覧会となります。 関連記事 […]
まずはお知らせ。 中野剛志さん、施光恒さん、柴山桂太さんとやっている 東洋経済の研究会ですが 6月に行われたセッションの採録(前編)が 東洋経済オンラインで配信されました。   題して、 「欧米は個人主義、日本 […]
本年8月21日、 ブログ記事「北方領土問題は着実に進展しています。ただしロシアの都合に合わせて」で、 5月の安倍・プーチン会談が 北方領土問題についてはロシア側のやらずぶったくりに終わった ことを指摘しました。 &nbs […]
改革を推進したがる人々が 問題点を指摘されたとき しばしば使う返答に うまく行かなかったら、また変えればいい とか うまく行かなかったら、元に戻せばいい というのがあります。   しかし1776年、 トマス・ペ […]
タコ:頭足綱、鞘型亜綱、八腕形上目のタコ目に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。 淡水に棲息する種は知られていない。 ──ウィキペディアより   前回の記事 「愛国心の否定、歴 […]