佐藤健志 Official Site
政治・社会
入管法の改正により、 いよいよ外国人労働力、 もとへ移民の受け入れが本格化します。   向こう5年間での受け入れ人数は 最大34万人などと言われていますが どれくらい根拠のある数字か分かりませんし、 特定技能2 […]
1月4日の新春キャスター討論、 ハイライト(つまり笑いどころ)はいろいろありましたが、 その一つがこちら。   憲法改正などという 1)そもそも、まともな改正案が出ておらず 2)発議できるかどうかも怪しく 3) […]
さる4日、 チャンネル桜の新春キャスター討論をやってきました。 テーマはこちら。 転換期の日本ー私達はどう生きる?   なるほど、転換期ですか。 ところが去年の新春キャスター討論のテーマはこうだったのです。 転 […]
みなさま、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。   ・・・まあ、 今年は来年より良い年になる(Ⓒ中野剛志)という原則にしたがえば あけましてご愁傷さまでございます とすべきかも知れ […]
まずは告知を少々。 28日から29日にかけて、ネットに記事が二つ配信されました。   一つは BEST TIMESの 「2010年代末、世界はみな疲れている」(前編)。   現在の世界の状況は グロー […]
さる26日、 2018年ラストの「おはよう寺ちゃん 活動中」をやってきました。   思えば今年の「寺ちゃん」は 正月から一度も休まず52週完走。 水曜朝、4:00に起きるのもすっかり慣れました。 今ではアラーム […]
さる21日、 上島嘉郎さんと「FRONT JAPAN桜」をやってきました。   「快男児」という言葉がピッタリくる上島さんです。 動画をご覧になりたい方はこちら。   上島さんにはかつて、 雑誌『正論 […]
『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』 本日で刊行より100日となりました。   おかげさまで売れ行きは好調。 12月前半は、電子版がセール価格だったのでAmazonの順位を大いに上げましたが 昨 […]
みなさんご存じのとおり、 戦後日本型の平和主義は貧困への道です。 ついでに少子化への道でもある。   そして、 平和主義のもとで経世済民をどうにか達成しようとすると 対米従属への道が待っていたりするんですな。 […]
グローバリズムには疲れたが、 ナショナリズムに回帰するのも疲れそうだ。 新自由主義には疲れたが、 積極財政の大きな政府に戻るのも疲れそうだ。   2010年代末の世界の状況を要約すれば こうなるのではないかと思 […]
昨日の記事 「ポスト・グローバル人材の愛のかたち、または性行動における『新自由主義疲れ』」 では、 わが国の青少年(中学生〜大学生)に見られる性行動、 早い話がデート、キス、性交の経験率の変遷を取り上げ それが新自由主義 […]
ご好評いただいている 『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』 目下、AmazonではKindle版がセール価格で手に入ります。   しかるにこの本について、 じつに傑作なコメントが出ました。 &n […]