佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
まず断っておけば、 医大に落ちた女性が知り合いにいるわけではありません。   渡辺美里が1989年に発表したアルバム 「FLOWERBED」を聴いていたら 「彼女が髪を切った理由(わけ)」という曲があったので […]
ちょっと前のことになりますが、 中野剛志さんが『日本の没落』という本を出しました。   ちょうど100年前に刊行された ドイツの哲学者オズヴァルト・シュペングラーの大著 『西洋の没落』をモチーフに 現在の世界、 […]
昨日の記事 「大学改革のさもしくも偉大な顛末、または東洋経済オンライン配信」では 昨今のわが国政府の振る舞いについて 何というか、「さもしい」と形容するしかない と書きました。   しかるに三橋貴明さんも、 昨 […]
水道事業を周回遅れでPFI化しようと試みたり、 IR、つまりカジノ設置によって 地域経済を活性化させたがるといった事例が示すとおり 昨今のわが国政府の振る舞いは 何というか、「さもしい」と形容するしかないものがあります。 […]
『激論! サンデーCROSS』、いかがでしたか。 北朝鮮、ないし朝鮮半島の非核化について 防衛大臣経験者を複数まじえた議論に参加するのは じつに面白い体験でした。   放送後の記念写真です。   この […]
先の記事 「『ストリート・オブ・ファイヤー』リバイバル公開迫る、または今夜も青春!」 でも予告しましたが、 明日、7月22日は TOKYO MX の番組『激論! サンデーCROSS』に出ます。 番組サイトはこちら。 &n […]
1984年、 『ストリート・オブ・ファイヤー』という映画が公開されました。   アメリカ映画で、監督はウォルター・ヒル。 『ザ・ドライバー』 『ウォリアーズ』 『48時間』 『ダブルボーダー』 『ラストマン・ス […]
旅行からは帰ってきましたが、 「おはよう寺ちゃん 活動中」や「FRONT JAPAN桜」の出演、 あるいは8月に出る 『表現者クライテリオン』の原稿の校正, そして次週の講演やテレビ出演の準備などをしていたら 記事の間隔 […]
新著はすべて書き上げましたが、 目下、旅行中なので 記事の間隔が空いております。 ご了承下さいm(_ _)m   さて。   東日本大震災後、 復興促進などと言いつつ 被災地切り捨てを正当化するような […]
早いもので、2018年も後半に入りました。 6月の終わりには、 いわゆる「働き方改革」関連法と、 TPP関連法が国会で成立。   ちょうど中野剛志さんと会う機会があったので、 これって要するに 日本国民はとこと […]
G7では首脳宣言受け入れ拒否を宣言して 仲裁役として活躍した(らしい)安倍総理の顔をつぶし、 かと思えば米朝会談では 金正恩にたいして 心の友よ、兄弟よ(Ⓒ剛田武)と言わんばかりの態度を取ってみせ FOX NEWS から […]
おかげさまで、ついさっき 新著の原稿をすべて書き上げました。 やったぜ。     刊行は8月ぐらいになるでしょうが 『戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する』(2016) 『右の売国、左の亡国』( […]