佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
『対論「炎上」日本のメカニズム』で 私と藤井さんの双方が指摘していることですが いわゆる炎上には いったん火がついて燃え上がったら 燃え上がっていること自体が さらに燃え上がる理由となる という特徴があります。 &nbs […]
アメリカ出身の映画監督 ジョージ・A・ロメロさんが 7月16日、カナダのトロントで亡くなりました。 ご冥福をお祈りいたします。   ホラー映画を中心に活躍された人ですが 代表作は何と言っても 長編デビュー作『ナ […]
まずは昨日の記事 「炎上政治はどこに行くか、または安倍内閣の支持率急落」 について。   コメント欄の返答にも書きましたが あれは藤井聡さんへの批判を意図したものではありません。   そもそも『対論「 […]
藤井聡さんが「新経世済民新聞」で 最近、内閣支持率が急激に低下していることについて こんな指摘をしていました。   その背景にはもちろん、森友・加計学園問題や、 自民党議員や内閣メンバー達の度重なる失言やスキャ […]
昔からよく 「目は口ほどにものを言う」と申します。   広辞苑によれば、このフレーズの意味は 情をこめた目つきは、口で話す以上に強く相手の心を捉える というもの。   「口ほどに」ですから 情をこめた […]
ご存じかと思いますが 「右翼」「左翼」はフランス革命から生まれた言葉です。   紙版のご注文はこちら! 電子版のご注文はこちら!   1789年、革命勃発直前に開かれた三部会では 議長席の右に貴族と聖 […]
7月3日の記事 「東京都議会議員選挙の顛末、または落とせるものから落とされた日」 に関連して DANIEL さんから少々、清潔感に不自由なコメントが寄せられました。   いわく。 自民党が討ち死にしても、都民フ […]
7月2日に行われた東京都議会議員選挙は、 都民ファーストが完勝する一方、 自民党が歴史的・壊滅的敗北を喫する結果となりました。   なにせ選挙後の同党の議席は23。 選挙前の57議席の4割(!)、 従来の最低だ […]
わが『新訳 フランス革命の省察』の第十章には 「自治体と軍の危険な結びつき」 という節があります。   紙版のご注文はこちら! 電子版のご注文はこちら!   革命によって社会秩序が揺らぎ、 自治体同士 […]
一昨日の記事 「『経路依存』の主語は何か」 について、 せいさんから以下のコメントがありました。   (経路依存性とは)物語の「起承転結」や「序破急」で例えると、 「転」や「急」までのストーリーの流れやキャラ設 […]
6月10日の記事 「経路依存性はネガティブという思い込み」について 柾木さんからコメントがありました。   長いので抜粋して紹介します。 全文は上記記事のコメント欄をどうぞ。   戦後の歴史から今の政 […]
『対論「炎上」日本のメカニズム』の結論では 炎上の持つエネルギーを制御し、 良い方向に転換してゆく方法の一つとして 人々がハメを外し、楽しくイカれることができる場を 社会的に確保すること が挙がりました。   […]