佐藤健志 Official Site
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった

書籍情報 イデオロギーの正体見たり… 誤解が続く限り、「戦後」は終わらない! 景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP… 果たして安倍政権は、日本を再生できるのか? あなたの政治的立場が […]
コモン・センス 完全版

コモン・センス 完全版

書籍情報 「戦争放棄」「非武装」「占領下の押しつけ」・・だが、日本国憲法第九条のルーツは、建国前のアメリカにあった!? 親米派も反米派も、あの国が分かっていない。 1776年の新大陸で、独立戦争の起爆剤となった大ベストセ […]
国家のツジツマ

国家のツジツマ

書籍情報 ◆著者の佐藤健志氏がいよいよ地上波テレビに登場します。当初5月29日の予定でしたが、1〜2週間後の朝8時〜9時55分のテレビ朝日「モーニングバード」「そもそも総研」コーナーにVTR出演します。先のBSフジでは圧 […]
震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

書籍情報 2011年、われわれは震災に見舞われたのではない。ゴジラに襲われたのだ!これをコジツケと考えてはいけない。 東日本大震災は、巨大な物理的被害をもたらすだけでなく、戦後日本が抱える虚妄を暴きだす出来事だった。つま […]
Latest entries
人間のホンネというものは 正面切った言動よりも 何気なく飛ばした軽口や冗談、 つい口走ってしまった失言、 あるいはうっかりやらかしたミスなどに よく出てしまうことが多い。   正面切った言動の場合、 体裁を保た […]
北朝鮮の建軍節は、 核実験やミサイル発射のかわりに 同国東部の江原道元山で 過去最大規模の火力訓練を行うことで 落ち着いた模様。 関連記事はこちら。   アメリカとの軍事衝突へと 決定的になだれこむ事態は とり […]
本日は北朝鮮の建軍節。 4月15日の太陽節 (金日成の誕生日)につづいて 朝鮮半島情勢の節目とされる日です。   まあ、同国が核兵器開発を放棄しないかぎり 情勢が本当に落ち着くことはありません。 そして金正恩が […]
明日、4月25日は北朝鮮の建軍節。 つまりは朝鮮人民軍創設記念日です。 というわけで、朝鮮半島情勢はあいかわらず緊迫状態。   まあ先週は シンガポールを出向して太平洋を北上しているはずだった アメリカの空母カ […]
ドイツ人の友人が、 久しぶりに日本にやってきまして 先週、遊びに来ました。   ふだんはデュッセルドルフに住んでいるのですが 移民・難民の問題は やはり深刻とのこと。   なにせこの友人によれば EU […]
世の中、 メチャクチャな言動をする人間には事欠きません。 これは厳然たる事実です。   しかし、 それと並ぶ厳然たる事実がある。   すなわち メチャクチャな言動をするヤツと思われたい人間も、まずいな […]
かの福田恆存さんは 人の話を聞くときは その内容だけでなく口ぶりや表情に注意せよ という趣旨の名言を残しました。   なぜか。   話すときの口ぶりには その人間がどこまで責任を持って発言しているか […]
日本文化チャンネル桜 『闘論! 倒論! 討論!』の 「どこまで自立したか? 日本」、 おかげさまでコメントが多々寄せられています。 番組をご覧になりたい方はこちら。   まずはおなじみ、平松禎史さん。 &nbs […]
西部邁先生の主催する雑誌 「表現者」(MXエンターテインメント)の72号が 15日に発売されました。     わが連載「一言一会」も25回目となりますが 今回のテーマは「失われた右手を求めて」。 &n […]
おなじみ日本文化チャンネル桜の番組 「闘論! 倒論! 討論!」に出ます。   テーマはこちら。 どこまで自立したか? 日本。   本日の20:00〜23:00に放送され、 その後ネット配信されます。 […]
じつは私、 往年のSF映画やホラー映画が 結構好きだったりします。   たいがい低予算なので チープなことはチープですが 昨今の大作映画より 想像力や夢があったりするんですよ。   ちなみにこれらの作 […]
アメリカと北朝鮮の対立は いよいよシャレにならない状態に達しつつあるようです。   4月8日には シンガポール(おっと!)からオーストラリアに向かっていた 原子力空母カール・ビンソンを中心とする 第一空母打撃群 […]