佐藤健志 Official Site
音楽・作詞
今年の春、「VOICE」誌(2014年4月号)で対談させていただいた 達増拓也・岩手県知事が、 興味深いツイートをされていました。 いわく。    さっき県の人口問題対策本部会議で発言したのだが、 『アナ雪』 […]
ご存知の方も多いでしょうが、 静岡県は伊東市にハトヤというホテルがあります。   もともとは「ハトヤ旅館」と呼ばれていたとか。 最初の所有者が、鳩を出すのが得意な手品師だったことから、名前がついたそうです。 & […]
昨日の記事で書いたとおり、 解党の決まった「みんなの党」の英語名称は EVERYONE’S PARTY ではなく YOUR PARTY でした。   しかし、どちらについても 政党の名前という感じは […]
刺激的な題名だと思いますが、 政治家の性的なスキャンダルの話ではありません。   1960年代後半から1970年代はじめにかけて アメリカで活躍したロックグループ、 ザ・ドアーズの中心的メンバーだったジム・モリ […]
ヴィリー・フーバーさんの公式サイトの冒頭には、 こんなことが書かれています。   Willi Huber will be quick to convince those of you, who believe […]
みなさん、ヴィリー・フーバー(Willi Huber)さんという方を ご存知でしょうか?   ドイツはミュンヘン生まれの音楽家。 5歳でピアノを習いはじめますが、 13歳でチターという楽器のレッスンを受け始めま […]
題名はもちろん、宮崎駿さんのアニメで有名な 「魔女の宅急便」にちなんだもの。   Sayaさんを呼び捨てにさせてもらったのも、そのためです。 「魔女さんの宅急便」ではありませんので。   このアニメ、 […]
今日はabengersさんのご質問にお答えしましょう。 質問はこれでした。   最近のJPOPの歌詞を見てると、 「私」と「君」の二人をテーマにしたものが目立ちます。 二人だけの狭い世界を描くよりも 平和や社会 […]
人間に確固たる「自分」などというものはない。 われわれの中には さまざまな「自分」の断片があるだけだ。   8月15日配信の記事 「人は複数の自分を生きる part1」で紹介した ハムレットに関する 福田恆存さ […]
20世紀のアメリカを代表するバレエダンサーに ジョージ・バランシンという人がいます。   ニューヨーク・シティ・バレエ団を創立した人。 現在、クリスマスになると たいがいのバレエ団はチャイコフスキーの 「くるみ […]
英語には お前をホットドッグにしようってわけじゃないんだぜ I’m not hot-dogging ya! という言い回しがあります。   デタラメを言って、かつごうしているわけじゃないんだぜ とい […]
8月7日の記事 「ジャム・カレット(引き延ばされた時間)」でも書いたとおり Sayaさんは音楽活動をする中で 時間が伸び縮みするのをいつも体験しているとか。   この見本のような例を 7月5日のバースデー・ライ […]