佐藤健志 Official Site
文化・アート
2016年の日本で話題になった映画の一つと言えば 「シン・ゴジラ」。 興業収入のほうも85億円の大ヒットとなりました。   しかるにゴジラと言えば ハリウッド版もつくられるほどの世界的な人気キャラ。   […]
「敵への心理的依存と思考停止に関する平松テーゼ」Ⓒは みなさん、すでにおなじみでしょう。   自分(たち)よりも明白に劣っている存在、 ないし 自分(たち)と違って、明白に間違っている存在 を設定し、 ○○だか […]
かの中野剛志さんも 熱い期待を寄せていると伝えられる 大作アニメ「国の名は」。   本ブログでは今までにも 「云云云世(でんでんでんせ)」 「スーパー狂う」 「まともになろうか」 「とんでもないや」と、 劇中の […]
今週はいよいよ、 『右の売国、左の亡国 2020年、日本は世界の中心で消滅する』 が発売されます。   ご予約はこちらをクリック!     畏友・藤井聡さんなど、 このタイトルだけで絶賛して […]
アメリカ新大統領ドナルド・トランプは 就任初日の1月20日、 かねてから発言していたとおり TPP離脱を表明しました。   どうぞ。   トランプ政権はホワイトハウスのホームページで、 政策課題の1つ […]
アメリカのSFテレビドラマ 「トワイライトゾーン」は みなさまも多分、ご存じでしょう。   1959年〜1964年にかけて放映され、 高い人気を得た一話完結のシリーズ。 1983年には映画版がつくられ、 198 […]
昨日の記事 「トランプ就任式の『柔らかい官能』」でも紹介した イギリスの作家J・G・バラードは こんな名言も残しています。   Today, the most prudent method of dealing […]
20世紀イギリスが生んだ 偉大な作家の一人であるJ・G・バラードは、 セックスにテクノロジーを掛け合わせると未来になる という名言を残しました。   数式の形で表現すれば セックス×テクノロジー=未来。 &nb […]
スティーブン・キングは 出世作「キャリー」が映画化されたときのことについて 面白いコメントをしています。   ブライアン・デ・パルマ監督による 映画版「キャリー」は大ヒットしたのですが キングが映画の成功を確信 […]
2017年、 あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い申し上げます。     すでに予告したとおり、 今年はまず16冊目の本(単著)がアスペクトから出ます。 「政治経済用語辞典」が収録さ […]
12月24日付の記事 「ブルークリスマス、または血が青かったら何なのさ」 でも書きましたが、 世の映画の中には 作品自体はイマイチだが、サントラ(つまり音楽)は素晴らしい という例が少なからずあります。   思 […]
ここ数日、 16冊目の本 (来年初めに出る単著のほう)の仕上げ作業に没頭しています。   タイトルを書かないのは 単にまだ正式決定していないためであり それ以上の理由はありません。   むろん仮タイト […]